発毛剤 比較とランキング

発毛に効果がありすぎてビックリした! スカルプD商品

薬用スカルプDは、頭皮のことを第一に考えた洗髪用シャンプーです。

 

 

シャンプーということだけであれば発毛とは直接関係ないはずなのですが、スカルプDの場合は他社製品とひと味違います。

 

たとえば実際に洗った直後の感覚。

 

これは試して見ればわかるのですが、本来毛穴につまったままで普通のシャンプーでは落ちない汚れが、このスカルプDを使うと、それこそごっそりと落ちてゆくのです。

 

油性肌の人や、さらには頭皮のフケが妙に多いといった人のレビューがインターネット上にありますが、そういった人々はこのスカルプDを非常に高く評価しています。

 

もちろん、強烈であれば頭皮に悪影響を及ぼすのではないかという危惧も抱くのですが、これが短期的には、確かに逆効果のような感覚を覚えるのです。

 

しかしそれは頭皮の汚れが綺麗に落ちる、という未知の体験からくる感覚であって、馴れてしまえば違和感はありません。

 

頭皮の方も、汚れが落ちた状態を維持することで毛穴がひきしまり、またよくある加齢臭も治まってきます。

 

当然ですが、このシャンプーだけでは育毛・発毛剤としては使えません。

 

しかし発毛の基礎となる頭皮の調整をこなしてくれるので、これと発毛剤の併用によって、発毛剤の効果が高まった実感を覚えたという人が沢山いらっしゃいます。

 

3ヶ月〜4ヶ月ほど継続して使わないと効果は実感できないかもしれませんが、逆に言えば使えば実感を覚えてゆくこと間違いなしです。

 

薬用シャンプースカルプDは、とにかく「普通」とは違います。それだけはハッキリと明言できますね。

 

背中ニキビ

発毛剤の働きと効果

現在、薄毛に悩む人口は意外と多いものです。

 

しかし薄毛の原因は人それぞれで、薄毛の症状自体にも個人差があります。

 

そのため対処法ももちろん一人一人の症状によって変わって来ます。

 

 

 

最近では薄毛対策用品が多数発売されています。しかし育毛剤や発毛剤などの種類があり、自分に合うのがどのタイプなのか判断が付かない場合もあるでしょう。

 

こうした薄毛対策用品は、名称が異なるだけでなくそれぞれに異なった目的を持っています。

 

 

 

そもそも、あなたの薄毛を引き起こしている原因は髪の本数が少なくなったことでしょうか。それとも一本一本の毛が細くやせ細ってしまったことでしょうか。

 

こうした違いによって、それぞれに選ぶべき用品は変わってくるのです。

 

 

 

特に悩みが深いのは、髪の本数が少なくなってしまったことによる薄毛の場合でしょう。

 

 

 

発毛剤というのは、その名の通り内側から髪の発生を助けてくれる商品です。育毛剤が今生えている毛に対して働き掛ける性質を持っていることと比べると、より生産性の高い商品であると言えるでしょう。

 

 

 

髪の本数が少なくなってしまうと、もう生えてこないのではないかと不安に感じる方も多いでしょう。

 

発毛剤を使うことで減ってしまった髪を取り戻す効果が期待できます

ミノキシジルを含んだ発毛剤の効果

 塗るタイプの育毛剤の中で、最も発毛効果が高いのが、ミノキシジルを含んだ育毛剤であるということが、数年前に行われた薄毛治療のガイドラインで発表されています。

 

 

 

 ミノキシジルを含んだ育毛剤の代表的な製品は、ロゲインというアメリカ産の製品です。ロゲインはアメリカでは15年以上前から、薄毛治療の治療薬として使用されています。

 

 

 

 ロゲインをはじめとしたミノキシジルを含んだ発毛剤の特徴は、現在生えている毛髪を太くするという点にあります。全体的に髪の色が黒くなったように見えます。

 

 

 

 まったく無毛化してしまった部位にでも、実は産毛は残っている場合があります。ミノキシジルを含んだ育毛剤を使用することによって、これらの毛が太く成長するようになります。

 

 

 

 ミノキシジル系の育毛剤を使用すると、3ヶ月程度で効果を実感できるので、今まで使用していた育毛剤との違いを明確に認識することが出来ます。

 

 

 

 ミノキシジル系の発毛剤は主にアメリカ製のものが多いのですが、アメリカ製の製品の特徴として、清涼感などがないものが多いという点があります。

 

 

 

 このために使用後に頭皮がかぶれたりするケースもありますが、効果は抜群であり、継続して使用することによって、頭皮もかぶれなくなります。

 

 

脱毛の仕組みと発毛剤の種類

効果的な発毛剤を考える時、脱毛の仕組みを考える事は、とても重要です。

 

例えば、中年以降の男性によく見られる、男性型の脱毛症の原因を考えてみましょう。

 

男性型脱毛症では、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが原因だと言われています。

 

ジヒドロテストステロンが毛根に働きかけ、その結果、脱毛が起こるのだそうです。

 

 

 

この様な脱毛を防ぐ為には、どの様な発毛剤が効果的でしょうか。

 

比較的ポピュラーな発毛剤として、頭皮の血行を促進するタイプの発毛剤が販売されています。

 

頭皮の血行を促進する事で、毛母細胞の活動を活発にしようと言うアプローチです。

 

しかし、男性型脱毛症の場合、ただ頭皮の血行を促進しただけでは、ジヒドロテストステロンの分泌も盛んになってしまう可能性もあります。

 

発毛の為に努力をしている事が、いつの間にか脱毛の為に努力をしている事にもなりかねないのです。

 

 

 

男性型の脱毛症に効果的な発毛剤に、フィナステリドがあります。

 

国内では2005年に発売され、「脱毛症に効く飲む薬が発売された」と、発売当時は話題になりました。

 

フィナステリドは他の発毛剤とは異なり、購入する為には専門医の診断と、処方箋が必要です。

 

また、医療保険の対象とならない点も意識しておきましょう。

 

費用は、全額自己負担と言う訳です。

 

フィナステリドは、このジヒドロテストステロンの分泌を抑制する事で、脱毛が起こる事を抑制します。

 

 

 

発毛剤を選ぶ時には、自分の脱毛がどの様なタイプかを、見極める必要があると言えます。